【終了】小冊子「どこまで見抜けるか 迫害の文脈化」を再販したい

今まで二版発行していた小冊子「どこまで見抜けるか 迫害の文脈化」(一冊¥300)の再版をしたい。

 

ご挨拶

★石黒イサクと申します!

プロフィール

1959 年、三重県四日市市生まれ。
三重県立四日市工業高校卒業、自動車整備士を数年務めてから伝道献身。
アメリカ、サウスカロライナ州にあるエバンジェリカル・インスティテュート(EIG 聖書学院)卒業。
1993年、按手礼を受けて、美濃ミッション富田浜聖書教会の牧師に就任。
2006年から美濃ミッション代表、美濃ミッション大垣聖書教会牧師に就任。
ユダヤ人伝道団体、ライフ・イン・メサイア(LIM)・インターナショナ ル日本委員。1991 年よりユダヤ人伝道にも従事、イスラエル巡回伝道七回。
LCJE(ローザンヌ・ユダヤ人伝道協議会)日本支部運営委員。

 

著書『どこまで見抜けるか迫害の文脈化』、
『ローズのバイブル』、『嵐の日本へ来たアメリカ女性』いのちのことば社、
共著 いのちのことば社21 世紀ブックレット『日本宣教と天皇制』、『それでも主の民として』、『私の愛国心』など。

右傾化の進む日本に於いてキリスト者の信仰の自由を守り、証していく為に私の講演のテキストとして、いろいろな方々の勉強会の資料として用いたいと願っています。

 

再販に至る経緯、ビジョン

昭和後期から徐々に進められていた右傾化・戦前社会への復古が、平成時代に加速し、ネトウヨと呼ばれる人たちも現れて、若い世代に真の社会問題が伝わらずに、恐ろしい時代に突入してしまったと感じざるを得ません。学校教育も、マスコミなども、どこまで信じられるのかがわからない時代。クリスチャンとしてこの世に住んで証する私たちは、聖書のみことばを読んで生きる者として、『ハトの如く素直でありつつ、また蛇の如く賢く』ならなければなりません。

戦後生まれの私の世代は、戦前社会・戦争体験をした親世代から聞いたことを、次世代に語り継いでいく責任があります。欧米では「ホロコーストは無かった」という運動が広がりつつあります。日本でも「南京大虐殺は無かった」という声が大きくなってきています。 私たちの先輩たちが弾圧された「美濃ミッション事件」や戦前のキリスト教界が天皇制や戦争に加担していたことも忘れ去られようとしています。今、戦後の平和な時代に住んでいる世代も、これからの社会を担っていく若者たちも、シッカリと歴史を知り、その上で、良い判断をして信仰生活、社会生活を歩んでいただきたいのです。

 

 

小冊子『どこまで見抜けるか 迫害の文脈化』の紹介

信仰の自由問題や天皇制、憲法問題の書籍は少なからず発行されていますが、大抵は一部の研究者たちや、ごく少数の人たちだけが読んだり共有していて、一般国民になかなか届いていません。まして教会の内部のクリスチャンたちで、それらを手にしている人たちは限られています。私は難しい専門書ではなくて、学生や主婦などでも手軽に手にとって読んでもらえるように、短く簡単に、日本の天皇制とは何か? 日本のクリスチャンが注意しなければならないことは何なのかを、書き留めました。既に発行から15年を経ていますが、今回()をついかし、序文を一新して、ますます若い世代に読んで知って欲しいこと、考えて行動して欲しいことをまとめています。ぜひ多くの方々に広めてください。

*************

序文から一部引用 この本の初版から十数年、自民党政権下で2013年12月に特定秘密保護法が成立して、国民の知る権利が制限され、2014年7月には集団的自衛権行使を閣議決定して立憲主義を踏みにじり、内心の自由侵害の危険性がある共謀罪法を2017年6月に強行採決して、憲法改定まで、あと一歩のところまで進んで来ています。

また近いうちに、再び日本人クリスチャンたちが迫害に直面する時が来ることでしょう。私たちの世代にも、そのような危機が迫ってきていることを、どれぐらいの人たちが感じて備えをしていることでしょうか?

 

この文章は、2004年6月27日に開かれた、第13回ホーリネス弾圧記念聖会での講演に修正加筆したものです。

*************

 

 

目標額

★40万円

最近は、ネット社会に移行して、活字離れ、本離れが進んでいます。しかし手軽に手にとって読める小冊子で、短い時間に読めるもの、何度も見直していただけるもの、安価で誰でも手に入れられるものを準備しようと今まで自費出版してきました。
多くは頒布贈呈していますので、当然収益はありません。
それでも講演会や、学習会にはこのような資料があれば、内容を記憶してもらえるので、今回も第三刷りをしています。皆様のお祈りとご支援、多くの方々へのアピールをよろしくお願いいたします。

 

 

リターン一覧

支援額 2,000円
感謝レター+小冊子『どこまで見抜けるか迫害の文脈化』1冊プレゼント

支援額 5,000円
感謝レター+小冊子『どこまで見抜けるか迫害の文脈化』3冊プレゼント

支援額 10,000円①
感謝レター+小冊子1冊+著書『それでも主の民として』プレゼント ←数量限定!!

支援額 10,000円②
感謝レター+小冊子1冊+著書『嵐の日本へ来たアメリカ女性』プレゼント

 

*著書『それでも主の民として』は数に限りがございます。在庫が無くなりしだい『嵐の日本へ来たアメリカ女性』のみになります。

【終了】小冊子「どこまで見抜けるか 迫害の文脈化」を再販したい

【終了】小冊子「どこまで見抜けるか 迫害の文脈化」を再販したい

現在の達成金額:37,000
目標金額:400,000
支援者数:5
残り時間:
達成率:9%



【リターン品一覧】


支援額2,000円
感謝レター+冊子1冊進呈

支援額 5,000円
感謝レター+冊子3冊進呈

支援額10,000円①
感謝レター+小冊子1冊+著書『それでも主の民として』プレゼント←数量限定!!

支援額10,000円②
感謝レター+小冊子1冊+著書『嵐の日本へ来たアメリカ女性』プレゼント



【リターンを選択】



※このプロジェクトは All-In 方式(目標金額を達成しなくても資金を受け取れる方式)です。


販売終了: 2021年2月26日 23時59分

ウィッシュリストに追加する »