東北応援団 LOVE EAST クリスチャンアーティストサポート

クリスチャンアーティストサポート(CAS)とは

新型コロナウィルスの感染防止のために多くのコンサートやイベントが中止を決断せざるを得なくなり、その影響はクリスチャンアート関係者全般にも及んでいます。
東北応援団 LOVE EAST はこれまで、主に東日本大震災で被災された方々の支援をされるアーティストの方々への経済的支援を行なってきましたが、支援活動をされたアーティストの方々が困窮されている今、アーティストの方々への支援が急務と考え『クリスチャンアーティストサポート部門』 (以下CASと表記)を設置しました。
今後活動の詳細や報告は『東北応援団 LOVE EAST』のサイトの方に都度アップしてまいりますので、ご支援のほどよろしくお願いします。

東北応援団 LOVE EAST
理事長 岩渕まこと
副理事長 久米小百合
事務局長 ジョシュア佐佐木

CASの設置趣旨

新型コロナウィルスの感染拡大により、困窮しているクリスチャンアーティストへの支援。
クリスチャンアーティストについて以下のように定義させていただきます。

  1. 主たる業務がアーティスト活動である方
  2. これまで一定の活動を継続してこられた方
  3. これまで一定の作品を発表してこられた方

CASの活動内容

支援金支給
日常生活に経済的困難を感じていらっしゃるクリスチャンアーティストの方への支援金支給。

*支給は申請方式とします。
*支援対象は申請書に基づき審査いたします。
*支給はひとり1回、上限5万円とします。
*支援金の返済義務はありません。

当面の支援対象はこれまで東北応援団 LOVE EASTが関わらせていただいたアーティストの方々とさせていただきます。

CAS設置クラウドファンディング要旨

開設目的
『クリスチャンアーティストサポート部門』設置資金(支援資金、クラウドファンディング経費、事務費等)のため。
目標金額 150万円
期間 3ヶ月

クラウドファンディングの形式

A)シンプルサポート 1口 3000円(複数口可)
リターン品をご希望にならずにCASの設置資金にご賛同ご支援を表明してくださるのがシンプルサポートです。

B)CDリターンサポート 1口 5000円(複数口可)
以下の協賛アーティストのCDから1タイトルをリターンと してお届けします。
選ばれたCDは売上として定価の70%をアーティストへお支払いしますので、CASとアーティストへの直接支援となります。

CASクラウドファンディング協賛アーティスト(2020年5月19日 現在)

★IMARi ToNES
★入江新一郎
★神山みさ
★サルーキ=
★塩谷達也+塩谷美和
★菅原早樹
★スティーブサックス
★中村匡
★萩原ゆたか
★ベック・由美子
★横山大輔
★MANNA
★Samuell Soung (サムエル・ソング)
★露のききょう
★市原康(TRIO’)

東北応援団 LOVE EAST スタッフアーティスト
★岩渕まこと/由美子
★久米小百合

リターンCD一覧

① IMARi ToNES(イマリトーンズ)
 /「Jesus Wind
」 2017 release-

日本初の本格的クリスチャンヘヴィメタルとして インディーズながらも国際的に活動しています。 日本の歴史をキリスト教のスピリチュアルな 視点で描き出したコンセプトアルバム。過去だけでなく未来までも描く預言的とも言えるテーマのもとに本格的なヘヴィメタルを展開。これまでのバンドの作品の中で最もヘヴィなアルバムとなった。

 

② 入江新一郎/「SAMBI」

ピアニスト、作編曲家として活躍中。打楽器のようなインパクトあるピアノ奏法、叙情的でハートフルなメロディーラインがファンの心を魅了する。演奏ジャンルも幅広く、おもにラテン、ジャズが中心でクラシックもこなす。全国にて演奏活動を実施、数々のプレー ヤーと共演、海外ではメキシコ、キューバ、香港、シンガポールで演奏を実施、熱狂的な 歓迎を受けた。中でもメキシコの世界遺産都市「プエブラ」にて市長より表彰される。また、NHK、TBSの番組で自作の曲がオンエアされる。 第2作目のソロアルバム「SAMBI」をリリース、また数多くのアーティストのCD、企業 サイト動画のBGM等も手掛ける。 東日本大震災復興支援コンサートも精力的に実施している。

 

③ 神山みさ/「On my side 」全8曲
2016.11.22 release

牧師の娘として生まれ育った神山みさが、幼い頃から聞いて育った賛美歌と今、向き合う。賛美歌の定番である『驚くばかりの-Amazing Grace-』『いつくしみ深き』をはじめ、 密かな人気を誇る 神山みさのオリジナル賛美 ”Jesus is born” も収録。 前作と同じくブラジル人プロデューサーRobert Regonatiが手がける、 国際色豊かなミ ュージシャン勢と作り上げたカントリーフォークテイスト、 神山みさ 等身大の賛美歌アルバムが完成。
https://www.misakamiyama.com/

 

④ サルーキ=/8thアルバム「忠実のロックンロール」 全7曲 2019.7.12 release

サルーキ=8thアルバム「忠実のロックンロール」 2019.7.12リリース!
1.俺の師匠 2.ジーザスの網 3.夏の日陰、冬の日向 4.愛と夢~shiny st’r~ 5.オーマイゴ ッド 6. 孤独な朝 7.神☆賛歌 全7曲/
http://saluki.tv/profile/profile.html

 

⑤ 塩谷達也&塩谷美和/DUO 1stアルバム「You Set Me Free」

ソウルフル。かつ、非常にスピリチャル。日本の迷える子羊たちに贈る、魂のうた。 揺るがないメッセージと希望のひかりを歌いあげるオリジナルなDUOの登場。
塩谷 達也 (Tatsuya Shioya) Profile 国際基督教大(ICU)卒。黒人文化研究のためにニューヨーク市立大に留学中、ハーレムの教会で「こんなに上手にゴスペルを歌うアジア人は始めてだ。で、次は“君の歌”を聴かせてくれ」と言われたことから「他人の研究をしている場合ではない。自分の音楽をつくろう!」と決意。帰国後、大学の音楽サークル仲間を中心にLOVE CIRCUSを結成。 下北沢・吉祥寺を中心にライブ活動を行うとともに、インディーズでリリースしたアルバム『LOVE CIRCUS』が、外資系ショップを中心に話題となり、‘97年にメジャーデビュー。マキシシングルを2枚発表した後、再び活動の場をインディーズに移す。現在はバンド活動と並行して、自ら主宰するウェブサイト「Hush Harbor」でのゴスペル啓蒙活動やコミュニティカレッジでのゴスペル講師など、ゴスペル音楽の紹介者としての活動も精力的に行っている。 2001年7月、GOSPEL MUSICを核としたレーベル”GOOD NEWS”を立ち上げ、ゴスペル海外オリジナル・レコーディング・シリーズとして 『Gospel, The Good News!』 『Spirituals, The Roots Gospel!』 などの7作品をプロデュース。翌年、同シリーズでさらに2作品をプロデュースするとともに、自らもシンガーとして参加したJ-POPの実力派アーティスト達による、初のゴスペル・コラボレーション・アルバム 『O, Jesus! ~Deep In My Heart~』 をプロデュース。 ゴスペル関連本のロングセラーとなった「ゴスペルの本」の著者としても知られ、音楽活動と並行して、ゴスペルの「紹介者」としても活躍。各地でのゴスペルクワイアの指導、著作活動、ラジオ番組やメディアでの出演など、その活動は国内外多岐にわたる。

塩谷 美和 (MIwa Shioya) Profile カナダ・トロントに在学中、地元のジャズバンドでヴォーカル活動開始。帰国後、ゴスペル音楽と出会い、1999年に米軍横田基地内で行われたGospel Music Workshopをきっかけに、ゴスペルシンガーに転向。以後ブラックゴスペル音楽を教えるようになる。横田米軍基地内の黒人教会でクワイアディレクター、ミニスターを務め、他にも日本各地教会のクワイア指導やワークショップ、コンサート、レコーディング、海外でもライブを行う。DVD「きみはきみらしく」(マックス・ルケード原作)のエンディングテーマも歌っている。2008年、ゴスペルシンガー塩谷達也と結婚。同年から、池袋ゴスペルミュージックワークショップを主宰している。’09年、達也との共作「主の祈り」を発表。
サイト http://www.hushharbor.net/

 

⑥ 菅原早樹/「Be With・・・」

神様の愛の語り部として、お話と賛美(歌)を通して、聴いて下さる方の心に寄り添いたいと願っています。どこでも、どんな集会でも喜んで伺います。お気軽にお問い合わせ下さい。
略歴:舞台芸術学院、関西単立バプテスト神学校 聖書クリスチャン音楽科 卒業。
故・二代目露の五郎兵衛の次女。
現在の活動:得意のおしゃべりを生かし「おしゃべり賛美家」として、教会や様々な集会、施設等で、歌とお話を通して神様の愛をお伝えしています。また東日本大震災以来、毎年、東北にて支援コンサートを行っています。近年は、青少年に「聖書を基準としたいのちと性」について教えることにも重荷を持って活動しています。2009年 (一社)小さないのちのドア支援チャリティーCDとして、ミニアルバム「小さないのちのドア」をリリース。他に、CD「Be With…」「Eternal Joy」ベストアルバム「God Bless You 小鳥の祈り」も好評発売中。
「Be With・・・」はイエスさまがともにいて下さる、私もイエスさまとともにいたい、そして、人が人とともにいること。それぞれの「ともに」から受ける 喜び、慰め、励まし、希望、感謝。 聞いて下さるお一人お一人への想いを込めて制作したアルバムです。
CD紹介ページ https://bit.ly/3aMfwIR
単立・西宮北口聖書集会 正教師
いのちと性のサポートミッション・メンバー
一般社団法人小さないのちのドア・アンバサダー
HP/ https://soranotori-nonohana.jimdofree.com 

 

⑦ スティーブサックス/「Five Brothers」

メンバー:Steve Sacks (sax, flute) Jonathan Katz (piano, pianica) 伊藤寛康 (bass) 佐藤英樹(congas)  鈴木善樓(timbales)
収録曲
• Caravan (Juan Tizol)
• Summertime (George Gershwin)
• And Then She Stopped (Dizzy Gillespie)
• Nocturne Opus 9#2 (Frederic Chopin)
• Green Sauce (Jonathan Katz)
• La Mentira (Álvaro Carrillo)
• 最上川舟歌 (東北民謡)
• Five Brothers (Gerry Mulligan)
• Puerto Padre (Emiliano Salvador)
•荒城の月 (滝廉太郎)
PVリンク: https://www.youtube.com/watch?v=6EKl2169Ruo

 

⑧ SIGNPOST/Tadashi Nakamura/「THIS IS THE ONLY WAY I GO」 全6曲

中学までを日本で過ごし、中学卒業後家族でハワイへ移住。約6年をハワイ・オアフ島で過ごす。
ハワイ在住時はワイキキのウクレレショップに勤務し、そこでウクレレの販売と同時に観光客へのウクレレレッスンを行う。
帰国後はプロの作曲家、編曲家、ベーシストとして活動。​楽曲提供、ドラマの劇中音楽などを担当。
また、スターダストプロモーション所属のバンド『DISH//』のギター、ベースの楽器指導を行う。
​現在は東京にてウクレレ教室を行っているが、​「自分の住む横浜でもウクレレ教室がしたい!」という思いから<Ukulele Halau>をスタート。
ウクレレ講師とは別にソロプロジェクトにも着手。
http://signpost-sound.wixsite.com/tadashi-n

 

⑨ 萩原ゆたか/「ぎんが〜かけがえのない星たちへ〜」

長野県出身。幼少より賛美歌、唱歌に親しむ。 ゴスペルミュージック・フェスティバルに、自作自演曲が審査を通り出場したのをきっかけに、J-ポップ、J-ゴスペルのパイオニア的ボーカリスト、小坂忠氏、岩渕まこと氏の所属(当時)するミクタムレコー ドのオムニバスアルバムにオリジナル曲が収録される。その後、両氏のアルバムにコーラス参加、東急 CATVに両氏と共にゲスト出演。 4千人動員の大阪城野外ホール・コンサートにゲスト出演。世界的なワーシップリーダー、ボブ・フィッ ツ来日コンサートにコーラス出演。 リビングプレイズ、ミクタム・プレイズ&ワーシップ、歌声ペトラ などの各シリーズに、ソロ/コーラスとして、多くのレコーディングや一万人規模のコンサート等に参加。2007年オリジナル中心のライブ開始。 2008年 ミニアルバム 「遠くあるいてきた」 リリース。2011年 高校の同窓生とメモリアルソング 「ぎんが~かけがえのない星たちへ~」 を制作し、母校創立110周年記念式典にて披露後、CD製作。 3.11後は東北に心を寄せ地域訪問ライブを開催。透明感のある歌声・暖かいライブが好評。

 

⑩ ベック・由美子/「母のうた」「Beautiful Days」(2曲入り)

幼い頃から教会の中で歌に囲まれて育ったこと、また、母の強い希望で5歳の頃から習ったピアノ。この二つが音楽のルーツです。東京学芸大学教育学部音楽科へ進学し、卒業後は音楽教室で教えていましたが、次第に自分からも音楽を発信したくなり歌を書いて演奏するようになりました。noteに自己紹介を書いていますので良かったら読んでくださいね (https://note.com/notes/na023b377b3b0/edit)。現在の主な活動は オリジナル曲を中心としたピアノ弾き語りよるライブ、歌い手さんの伴奏、ゴスペル・ク ワイヤやコーラス・サークルの指導です。どれもこれも見事に「三密」。コロナの影響でスケジュールは真っ白になりました!「休みが欲し~~い!」と叫んでいた2ヶ月前が夢のようです。。。
・運営ブログ:誰でもできる!ゼロから始めるピアノコード弾きレッスン→ https://yumikomusic.club/
・YouTubeチャンネル:ピアノコード弾きレッスン→ https://bit.ly/39K2Wsu

 

⑪ 横山大輔/「Noah」

ゴスペルシンガー・ソングライター・音楽宣教師・ワーシップリーダー・ボイストレーナー。ギターと歌の賛美を持って、神様の愛と希望と癒しのメッセージ、イエスキリストの福音を世界中に伝える伝道者。これまでに7枚のソロCDをリリース。カンバーランド長老教会高座教会所属。カリフォルニア州立大学フラトン校音楽学部リベラルアーツ学科卒業。
CDページ:https://gospel-lion.net/

 

⑫ MANNA/「AGUARACHAR~この道」

本名、入江真奈、東京都出身。ボーカリスト、ゴスペルディレクター 明治大学卒業後、教会、ライブハウス、イベント等にてジャズ、ボサノバ、ゴスペルを歌 い、ゴスペルシンガーのアレックス・イーズリー、ラニーラッカー、レイシドニーらと共演、一方ではゴスペルコーラスのディレクターとして活動し始め、都内、埼玉、湘南等、 全10箇所にて、ゴスペルディレクター、ボイストレーナーとして活動、 キッズコーラスワークショップも定期的に開催。‘01年、徳間ジャパンよりリリース「香音ミュージックシリーズ」にボーカルとして3枚のCDに参加。12 3rdCD「AGUARACHAR」(入江新一郎プロデュース)をリリースライブは聞くと誰でも元気になる歌、ステージングには子供から大人までかなりの定評がある。‘04より毎年地元、所沢ミューズにて自己率いるゴスペルグループでコンサートを9回実施、大入り満員の大盛況のうちに終了。東日本大震災復興支援コンサートも精力的に実施している。5年前の春にはチェコ・プラハのスメタナホールにて入江ファミリーでライブを実施、こちらも大盛況だった。今後も夫の新一郎と夫婦で神様を讃美していきたい。

 

⑬Samuell Soung (サムエル・ソング)/「SILENCE OF SOUND~静かなる音~」

1.Intro(Surrounded)
2.Silence of Sound
3.Halleluia(feat. IZREAL)
4.The Chance(feat.中山栄嗣 &IZREAL)
5.Gift of Love
6.Interlude(Amazing Grace)
7.エフ
8.Who Is This(feat. 遠谷政史 with CONBRIO)
9.White Little Snow 1
0.Outro
11.月の光(Bonus Track)

CD紹介
現在進行形の日本語ゴスペルの到達点 日本のゴスペルシーンを象徴する名盤。 GOT7などK-R&Bへの楽曲提供を続ける稀代の天才メロディメーカーであり、日韓英の三か国語を自由自在に操るトライリンガル・シンガーソングライターであるサムエル。 そしてEXILE,SMAP等のアレンジも手掛けるComposer,Arrangerとして活躍するプロデューサーRickyこと間力がプロデュース。この最強強力タッグが放つ次世代J-R&B/GOSPELシーンの最高峰サムエルの通算5枚目にあたるフルアルバムは、従来の路線通りゴスペル界の第一線を張るにふさわしい充実作。

プロフィール:
ーSamuell Soung / サムエル・ソング ー韓国ソウル生まれ。宣教師の息子として生まれる。6歳で日本に移住。14歳の頃からピアノやギターを弾き始め、独学で作詞作曲を始める。 日本語、韓国語、英語を操るトライリンガル・シンガー。 2018年より、オリジナルのワーシップソングの制作やワーシップリーダーとして教会を中心に働きをしている。自身の活動の他、GOT7やTWICEなどのKPopアーティストの作詞なども手掛けている。

 

⑭露のききょう/「父娘競演 噺の世界」

(故)二代目露の五郎兵衛の長女で1979年に歌舞伎で初舞台を踏み、以後、様々なTV(NHK/他)・舞台(新歌舞伎座/中座/南座/他)・映画に出演。その後、露のききょうの名で落語も始める。
落語家としては古典落語のほか【防災落語】や【男女共同参画落語】などのテーマ落語に取り組み、講演活動も好評を得ている。女優としては“OSAKA 48 Hour Film Project”2012年度・助演女優賞を受賞。現在、女優・落語家としてTV・映画・舞台等で活動する一方、父・露の五郎兵衛が演じた福音落語の唯一の後継者として神様の愛を伝える働きをし、各メディアや、日本全国の教会・集会等で「福音落語」を口演している。 *〔関西演芸協会〕会員
HP 「Holiday」 http://kyoufumi.jimdo.com/
「CD案内」
芝居噺と神方人情噺(福音落語)のコラボ、初の親子競演CD。『雪の子守唄』は五郎兵衛の芸術祭賞受賞作の創作噺を福音バージョンとしてアレンジした噺。
帯には、シンガーソングライター 岩渕まことさんのお言葉を頂戴した、贅沢なCD。

 

⑮市原康(TRIO’)/「Amazing Grace」

ープロフィールー
・ 1969年 早稲田大学在学中、ジョージ大塚氏に師事。同大学スイング&ジャズ研究会、モダンジャズ研究会を経てプロとしての活動にはいる。
・ 1975.1-11渡米 惣領泰則グループ「BROWN RICE」に参加。BROWN RICEメンバーとして エンゲルベルト・フンパーディンク 北南米ツアーに参加 、ラスベガスにてレコーディング・他全米で活動
・ 1975.11- 帰国後、ジャズドラマー、スタジオミュージシャンとして各種アルバム、映画音楽、CM音楽のレコーディング、ライブ演奏、コンサート、TV出演などの活動を続け、現在に至っている。

【主な参加アルバム】
ブラウンライス、大野雄二、ルパン三世シリーズ、阿川泰子、ソニア・ローザ、松山千春、松田聖子、郷ひろみ、ジュディ・オング、市川秀男、菊池ひみこ、松本峰明、ピチカート5、木住野佳子、ウォン・ウィン・ツァンジャズトリオ/WIM、中西俊博、伊東ゆかり、久石譲/新日フィルワールドドリームオーケストラ 他多数
・ 著作「ジャズ・ドラム」(リットーミュージック)編著(1978)

ーCD紹介ー
このアルバムのテーマは「Amazing Grace」=「驚くばかりの恵み」です。すべての曲が賛美歌です。そしてそれらはみな、この「驚くばかりの恵み」を土台として書かれています。「こんなオレなんかに何故こんなにも良くしてくるの?」という驚くばかりの恵み•••。 演奏については、10年をかけて喧嘩もせずに培ってきたTRIO’(トリオッ)というグループの三人それぞれが、この恵まれた出会いを喜んで、「今」という空間の中でただ黙々と音を紡いでいる。それ以上の何ものでもありません。 このCDは、TRIO’の演奏と賛美歌の解説という、いわば二倍をお楽しみいただけるように出来ています。この解説をお読みいただき、なんだそういうことだったのか・・と、賛美歌に対しての理解を深めていただければこの上ない喜びです。
https://bit.ly/3cKYzQ6

 

LE① 岩渕まこと/由美子/「風に乗って」

2018年7月までに歌声ペトラの活動の中で生まれてきた250曲から11曲を選び構成した賛美歌アルバムです。岩渕まこと&由美子のデュエットをドラム市原康、ベース谷源昌がサポートします。さらにスティールパンの伊澤陽一が加わり新しいサウンドを楽しんでいただけます。
http://mkotobox.boo.jp/

 

LE② 久米小百合 /「7CARATS+1」

『異邦人』(79‘)から38年。1979-1985年まで久保田早紀として活動した、久米小百合が公私ともにパートナーである久米大作(ザ・スクエ ア、はにわオールスターズ)と放つ8年ぶりのニューアルバム。ゲストヴォーカルに本田路 津子、Kishikoの二人の名がクレジットされ、大定番賛美歌ナンバーから新しい表情を引き 出している。4人の豪華な邂逅をぜひご堪能ください。
http://www.missionphotos.info/index.html

 

東北応援団 LOVE EAST クリスチャンアーティストサポート

東北応援団 LOVE EAST クリスチャンアーティストサポート

現在の達成金額:310,000
目標金額:1,500,000
支援者数:87
残り時間:
達成率:20%



リターン一覧


  • A) シンプルサポート(複数口可)支援額 3000円
    リターン品なしのシンプルサポートです。

  • B) CDリターンサポート(複数口可)支援額 5000円
    協賛アーティストのCDを1枚お届けいたします。

  • ① IMARi ToNES(イマリトーンズ)
 /「Jesus Wind
」
  • ② 入江新一郎/「SAMBI」
  • ③ 神山みさ/「On my side 」
  • ④ サルーキ=/8thアルバム「忠実のロックンロール」
  • ⑤ 塩谷達也&塩谷美和/DUO 1stアルバム「You Set Me Free」
  • ⑥ 菅原早樹/「Be With・・・」
  • ⑦ スティーブサックス/「Five Brothers」
  • ⑧ 中村匡/「THIS IS THE ONLY WAY I GO」
  • ⑨ 萩原ゆたか/「ぎんが〜かけがえのない星たちへ〜」
  • ⑩ ベック・由美子/「母のうた」「Beautiful Days]
  • ⑪ 横山大輔/「Noah」
  • ⑫ MANNA/「AGUARACHAR~この道」
  • ⑬ Samuell Soung /「SILENCE OF SOUND~静かなる音~ 」
  • ⑭ 露のききょう /「父娘競演 噺の世界 」
  • ⑮ 市原康(TRIO’)/「Amazing Grace」
  • LE① 岩渕まこと/由美子/「風に乗って」
  • LE②  久米小百合 /「7CARATS+1」


リターンを選択



複数のリターンをご希望される方は、一つ目のリターンを選択後「このプロジェクトに参加する」をクリック。カート内の商品名をクリックし、再度プロジェクト画面へ戻りリターンを選択してください

ウィッシュリストに追加する »


3 件のコメント

  • […] 現段階でCASではコロナウイルス被害への経済的支援をさせていただいておりますが、これをきっかけとしてこれまで日本にはなかったクリスチャンアート支援活動へと拡げることを考えています。現在の状況が落ち着きましたらば将来の活動の展望をお伝えして行きます。まずはクラウドファンディングの目標達成を目指して行きますのでよろしくお願いします。→ クラウドファンディング […]

  • […] コロナウイルスが蔓延し、誰もが苦境に立たされている中でファンドをお願いするのは心苦しいものがありますが、「私は支援ができる」という方がいらっしゃいましたらぜひよろしくお願いします。→ クラウドファンディング […]