WJ宣教人財育成学院『教会成長に繋がる人財育成を共に』

 この度、日本で唯一の音楽系神学校、『WJ宣教人財育成学院』ではクラウドファンディング(キリスト教専門クラウドファンディングサイト・KARASHIDANE)を実施いたします。当学院では、『教会の成長拡大に貢献する人財』を育成するために事業を行っております。つきましては、皆様の御加祷と御支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

《御挨拶》

『WJ宣教人財育成学院』は2002年4月の開校以来、2020年度で19期を迎えます。上野のJTJ宣教神学校の姉妹校としてスタートし、立川市、足立区と場所や名前や形態を変えながら約250名以上の卒業生を輩出して参りました。卒業生の殆どが、牧師、伝道師、教会音楽専門家等として宣教事業に関わっており、各地で活躍しております。現在は21名の学生が学んでおります。

元々は日本で唯一の音楽神学校としてスタートし、音楽奉仕者の育成に特化しておりましたが、教会の成長拡大と教会でのミュージックミニストリーには密接な関係があり、音楽奉仕者の役割もミュージックミニストリーだけではなく、教会での総合的な宣教事業全般であるという観点から、名称を『WJ宣教人財育成学院』と変更して実践的に活躍できる宣教人財の育成に取り組んでおります。

日本の教会に必要な働き人を、実践的なカリキュラムで育成しております。当学院を初めて知る方もいると思いますが、現在の日本のキリスト教界になくてはならない学校だと思っております。下記に詳細が書かれていますので、どうぞ最後まで読んで下さい。当学院の熱意と真剣さが伝わると思います。何卒よろしくお願いいたします。

 

≪2020年度のヴィジョン≫

学生数を50名に拡大し、教会成長に貢献する人財を毎年20名輩出する。

 

≪クラウドファンディングへのご協力のお願い≫

『WJ宣教人財育成学院』では、一人でも多くの学生に学んでいただけるよう、月1回第三土曜日に集中して学べるプログラムで授業をおこなっております。ベーシックコース、アドバンスコース、エキスパートコースの3段階のコースがあり、現場の活動に即した実践的な学び(訓練)の出来る神学校です。

総合的かつ実践的な学びができること、月一回の集中科であること、そして学費が廉価であることなどの理由で、全国各地から入学者が起こされております。

しかし当学院は超教派の教育機関で支援母体を持っておりませんので、広く皆さまにサポーターとして神学校運営に御参加を頂きたく、クラウドファンディングを実施することといたしました。

日本のリバイバルのためには、アグレッシブに奉仕する、多くの宣教人財が必要です。
皆さまのご加祷とご支援を、何卒よろしくお願いいたします。

 

≪WJ宣教人財育成学院の役割≫

  1. 志を持ち、教会の成長拡大に貢献する宣教人財を育成します。
  2. 教会での音楽ミニストリーを指導できる宣教人財を育成します。
  3. アグレッシブに伝道ができる人財を育成します。
  4. 教会の目的・目標を達成するための技術を指導します。
  5. 神学生一人一人が学び続け、成長し続けることのできる指導をします。

≪WJ宣教人財育成学院は『教会成長に貢献する人財』を育成します≫

  1. 新来者数と洗礼者数の増加による教会成長
  2. メンバーが心を一致して奉仕できる教会
  3. 教会のヴィジョンの成就

これらを達成していく上で、重要なポイントは信仰(聖書的考え方)と人間関係です。良好な人間関係と信仰のパワーアップが無ければ宣教事業は前進しません。『WJ宣教人財育成学院』が提供する聖書的な人財育成はこれからの教会の働きに必要な学びです。

クリスチャン一人一人の成長が、教会の成長拡大に繋がり、地域に影響を与え、日本のリバイバルに繋がっていくという信仰をもって人財育成をします。(一人一人の成長を大切に考えています)

 

≪これまでの成果≫

2020年で19期生を迎えますが、250名以上輩出し、卒業生の半数以上が、牧師、伝道師、教会音楽家、信徒リーダー、教会役員として宣教事業に関わっており、世界各地で活躍しております。

 

≪コース説明と授業内容≫

  • コース
  1. ベーシックコース(2年)
    「奉仕の本質、福音の総合理解、礼拝・賛美の聖書的根拠と理解、コード理論、賛美実践。等 」
  2. アドバンスコース(2年)
    「ベーシックコースを修了し、更に学ぶためのコース。実践的な宣教のアプローチ。リーダーとしての思考と行動。企画、運営、経済を含む宣教事業を総合的かつ実践的に学ぶ。」
  3. エキスパートコース(継続学習)
    「アドバンスコースを修了後も継続して学ぶコース」
  • 授業内容
    「目的主導型ミニストリー」「奉仕者としての本質」「音響」「プレイズ&ワーシップ」「個人伝道」「日本のリバイバルを祈るカンファレンスの開催」等、毎月個性的で優れた講師によりテーマに沿って授業が持たれます。

≪講師≫

佐佐木ジョシュア(学長)、佐藤祐明(副学長)、佐藤主一、永井信義、倉持守、林幸司、高清水千秋、ほか

≪資金の使い道≫

❶ 学院授業表(講師の謝儀・交通費・宿泊費・昼食等費用・会場費など)

❷ 事務所費用(人件費・家賃・通信費・ウェブサイト等制作管理費・宣伝材料制作費用ほか)

❸ 出版費用(教材 佐佐木ジョシュア著『教会の成長拡大に貢献する人財』3月14日出版1980円税込)

❹ セミナー運営費(講師謝儀・会場費・教材費)

❺ 遠隔地対応システム構築費用(インターネット配信用機材・音響照明機材ほか)

❻ 新型コロナウィルによる「カンファレンス2020」無観客開催費用(参加費・献金による収益が無くなった為経費補填)

≪クラウドファンディングのご理解≫

クラウドファンディングはクリスチャン業界にとって、まだまだ定着していません。しかし、新しい献金の形だと認識しています。主の為に何かしたいと願っている方や宣教のために立ち上がろうとしとられる方々に『WJ宣教人財育成学院』の事を広く知って頂き、クラウドファンディングを通して、神学生を共に育てていただきたいと願っています。収穫は多いが働き人が少ない時代に来ています。主の弟子を育成することは聖書的であり、主の御心ですので、ご理解をお願いいたします。

 

献金について

Ø 献金額項目は、クラウドファンディングのリターンを目的とせず、献金を通して活動を御支援して下さる方々のために作成しました。
Ø 献金を捧げて下さった方々には感謝状を出させて頂きます。
Ø 献金を通して人財育成を担っていく事になります。宜しくお願い致します。

WJ宣教人財育成学院『教会成長に繋がる人財育成を共に』

WJ宣教人財育成学院『教会成長に繋がる人財育成を共に』

現在の達成金額:310,000
目標金額:2,000,000
支援者数:15
残り時間:
達成率:15%



≪リターンを選ぶ≫


  1. A)支援額 5000円
    「宣教人財育成セミナー」1回
    (セミナーは、学長のジョシュア佐佐木が毎月行っている「目からうろこの宣教人財育成セミナー」です。「一人一人の成長が教会成長に繋がる」という大命題の元「ミニストリーを成功に導く為には」「福音の価値について」等、テーマ別に1回完結で行われています。一回一回が珠玉の講義です。その参加権利はご自身でお使いになっても、誰かにプレゼントしても使う事が出来ます。)

  2. B)支援額10,000円
    「WJ宣教人財育成学院の体験授業」1回・「宣教人財育成セミナー」1回
    (体験授業は当学院の一日の授業をそのまま体験できる権利です。毎月一回の集中科は授業内容も濃密で、朝から晩までハードスケジュールですが、体験した方は感動を覚えます。この参加権利もご自身でお使いになっても、ご家族や知人・友人にプレゼントしても大丈夫です。主の為に成長を願っている方や更に奉仕者として目指している方に喜ばれます。)

  3. C)支援額30,000円
    「WJ宣教人財育成学院の体験授業」1回・「宣教人財育成セミナー」3回

  4. D)支援額50,000円
    「WJ宣教人財育成学院の体験授業」1回・「宣教人財育成セミナー」5回

  5. E)支援額100,000円
    「学長」又は「副学長」による、出張授業。
    (出張授業は、『WJ宣教人財育成学院』)の授業をそのまま体験できます。あなたの教会が一日神学校に変わります。)【但しスケジュール調整有、交通費、宿泊費、は別途必要。】

  6. F)献金額10,000円
    献金を通して活動を御支援して下さった方々には感謝状を出させて頂きます。

  7. G)献金額30,000円
    献金を通して活動を御支援して下さった方々には感謝状を出させて頂きます。

  8. H)献金額50,000円
    献金を通して活動を御支援して下さった方々には感謝状を出させて頂きます。

  9. I)献金額100,000円
    献金を通して活動を御支援して下さった方々には感謝状を出させて頂きます。

ウィッシュリストに追加する »