災害支援車両を修繕したい

プロジェクトの概要
被災地支援用の特殊車両を修繕したい

プロジェクト本文
「このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、『受けるよりも与える方が幸いである』と言われたみことばを思い出すべきことを、私は、万事につけ、あなたがたに示してきたのです」使徒の働き20:35

▼これまでの活動
私たち「日本緊急援助隊」が日本において唯一の「災害緊急車」を保持しているのをご存知ですか?

この「災害緊急車」は調理が可能なキッチンを有し、シャワーや車両自体が10人までの人々が泊まれる車両(施設)となっています。
この車両は心のある多くの教会、また日本を愛する海外のクリスチャンたちの献金によるものです。このような車両は日本において唯一であり、災害支援の現場において、いち早く駆けつけることができます。
初めての出動は1995年の神戸における阪神大震災でした。そこではいち早く現場に駆けつけ、災害支援の本部としての役割を担いました。2011年3月11日における東北大震災においてもいち早く現場に駆けつけ、現地の教会や世界中のクリスチャンたちとともに支援を行いました。私たちは避難所から避難所へと、支援物資や食料を届け、シャワーなどを提供しました。
今日までに約20,000人の方々に温かい食事とその他の飲み物等を提供しました。
東北の震災後から6年間もの現地での活動を経て、長い期間においての第一線で活躍した「災害緊急車」は、エンジンや電気系統、水系統などの修繕が必要となりました。

▼団体について
日本緊急援助隊(JET)
http://jhelp.com/english/agape/jet.html

▼このプロジェクトで実現したいこと

「災害緊急車」を回復させて、災害支援活動の継続と次なる災害支援に備えることを目指しています。
私たちには、災害がいつ起こるかはわかりません。私たちにできることはいつ起きても支援活動ができるように準備することです。
どうか、皆さんの支援によって、災害支援の準備をさせてください。よろしくお願いいたします。

▼資金の使い道
【車両の修繕全体の費用】
新しいパーツ  ¥740,000
修理費     ¥620,000
車検費用    ¥580,000
合計      ¥1,940,000


災害支援車両を修繕したい

災害支援車両を修繕したい

現在の達成金額:0
目標金額:1,940,000
支援者数:0
残り時間:
達成率:0%


リターンを選ぶ

■支援額 5000円
・感謝レターを送らせていただきます。

■支援額 10000円
・毎月のニュースレター発送(アガペハウスより)をさせていただきます。
・感謝レターを送らせていただきます。

■支援額 50000円
・「災害緊急車」の窓ガラスに支援者のお名前(10文字まで)をカッティングシートで 貼らせていただきます。
・感謝レターを送らせていただきます。

■支援額 100000円
・「活動報告会」を趣旨とした講演(1時間程度)をご指定の場所でさせていただきます。※地域によって交通費をご負担いただく場合がございます。
・「災害緊急車」の窓ガラスに支援者のお名前(10文字まで)をカッティングシートで 貼らせていただきます。
・感謝レターを送らせていただきます。


※このプロジェクトは All-In 方式(目標金額を達成しなくても資金を受け取れる方式)です。


販売終了: 2018年8月15日 23時59分

ウィッシュリストに追加する »