J+Passion Tokyo2019にナイトdeライトを呼びたい!

プロジェクトの概要
J+Passion Tokyo2019のワーシップチームと分科会講師とメッセンジャーに、ナイトdeライトを呼びたい!

プロジェクト本文
こんにちは、J+Passion Tokyo実行委員会です。

J+Passion Tokyoは、2001年に始まった、超教派の青年大会です。
発足当初から、30~40代の牧師たちが中心になって運営され、実行委員の世代交代を繰り返しながら、18年間続けられて来ました。
主の恵みによって、これまで毎年何百人もの若者や若者を支える大人達が主と共に生きる思いを与えられ、熱く励まされてきました。
栄光の主に感謝します。この数年間も、6~7名の若手牧師たちが実行委員として、仲良く奉仕させていただいています。

2019年もゴールデンウィークに東京でJ+Passion東京を企画しています!
そして今年はなんとナイトdeライトを招いてのJ+Passionを企画しています!

ナイトdeライトの皆さんはこれまで何度かミュージックゲストやワーシップチームとしてJ+Passionでご奉仕下さったことがありました。
しかし今回は
・メッセンジャー、ナイトdeライト(午前:田中 満矢さん 午後:長沢 紘宣さん)
・分科会講師、ナイトdeライト
・ワーシップチームももちろん、ナイトdeライト
という構成で企画を進めています。

あまり知られていないことかもしれませんが、ナイトdeライトのメンバーの数人は、教会の講壇で、メッセンジャーとしてみことばを語っています。所属教会で礼拝説教を担当したり、キャンプや超教派の集会で奉仕したりして、聖書のメッセージを多くの人たちに伝えているのです。でも、彼らの音楽は聴いたことがある人は多くても、メッセージを聴いたことがある人は少ないのではないでしょうか?
今から待ちきれません。
ぜひ、楽しみにお待ち下さい。

しかし問題があります…。
J+Passionは数年前から「お金を持っていない、中高生でも参加しやすいように」と参加費制による運営をやめ、完全無料の集会に移行しました。
運営費の9割は、当日の席上献金で賄われ、それに加えて有志の方々や支えてくださる地域教会からの尊い献金のみで運営を行なっています。

そのため、大会講師や分科会講師の先生方にも、謝礼なしの交通費実費のみでご奉仕を依頼し、「それでも協力したい。ボランティアで若者の宣教に仕えたい」と言って下さる方々の献身によって成り立っているのです。
(その節は講師の先生方はじめ、ご奉仕下さった方々、本当にありがとうございました)

そして蓋を開けてみれば毎回図ったように収支はほとんどトントン。
「私の恵みはあなたに十分である」という主の御声が聞こえます。

今回ナイトdeライトも同様の条件で検討して下さっていますが、
それでも全員を北海道からお呼びするとなると大会の予算の限界を大きく越えてしまうことになります。

「予算に見合った運営をすべきではないか」 という議論も当然される中、
「それでも、ナイトdeライトの音楽とメッセージ、賛美を通して、神様を一緒に礼拝したい」
「今こそ彼らの届ける光のメッセージを、ライブだけでなくJ+Passion Tokyoを通してたっぷりと届けたい」

そう願って、今回PRを兼ねてクラウドファンディングを行うことになりました。

ぜひ、2019年のJ+Passion東京のためにお祈り下さい。
そしてもしよろしければ献金をもってJ+Passion東京の働きに参加をお願いします。

J+Passion Tokyo2019にナイトdeライトを呼びたい!

J+Passion Tokyo2019にナイトdeライトを呼びたい!

現在の達成金額:11,000
目標金額:320,000
支援者数:3
残り時間:
達成率:3%


リターンを選ぶ

■支援額 1000円
 撮り下ろし写真プレゼント  このためだけに撮り下ろされたオリジナル写真!

■支援額 3000円
 上記に加え、J+Passion 当日、会場設営・準備時間に入場出来るチケット  貴重なリハーサルを見ることが出来る!

■支援額 5000円
 上記に加え、j+passion当日昼食プレゼント(弁当)  ナイトdeライトと一緒に昼食を食べよう!

※このプロジェクトは All-In 方式(目標金額を達成しなくても資金を受け取れる方式)です。


販売終了: 2018年8月15日 23時59分

ウィッシュリストに追加する »